こどもと一緒に往年の名作を

DSC06461.jpg

ニンテンドー / クラシックミニ ファミリーコンピュータ


今年のクリスマスプレゼントの中で、
特に入手に苦労したのがコレ【ミニファミコン】。

小学4年生の長男からの依頼品です。

2016年11月10日発売され、希望小売価格は5,980円(税別)。

発売されれば人気に火が付くことはわかっていたのですが、
当初は長男ミニファミコンの「ミ」の字も言わず・・・

蓋を返せば「コレが欲しい!」と。

発売から程なく経ってから探し始めてみれば
店頭では軒並み品切れ、そしてネットではプレミア付いて高騰と。

意地でも希望小売価格で買ってやろうと、
ネット検索で販売しているところを探す日々が始まります。

時間があれば量販店のサイトを巡り、
近くの玩具屋さんやデパートに足を運んだり^^;

苦節、数週間でなんとかゲット。
いやま・・・こどもの依頼に応えるもの大変です。苦笑


DSC06470.jpg

当時のファミコンを約60%に小型化、
この本体に往年の名作ソフトが30本入っています。

カセット交換することなく遊べるんだから凄いですね。
バグってフーフーしなくて良いって言う。笑

実物を見てみると本当に小さい!
手のひらサイズです。

そしてファミコン世代であれば、
白x赤で角ばったレトロな容姿が懐かしく。

DSC06466.jpg

タイトルを見てみれば「あーコレ懐かしい」と、
テンションの上がるソフトの数々。

【くにおくんシリーズ】とか【魔界村】とか・・・
それ以外もよく遊んだなぁ。(遠い目)

DSC06428.jpg

本体が小さい分コントローラーも小さいですが、
大人の手でも問題なくプレイ出来ました。

昔やり込んだ分、手がちゃんと覚えていますねぇ。笑

近年ゲームってどんどん複雑になってきていますが、
小学生あたりならやっぱりこの位シンプルな方が。

ともあれ無事にクリスマスにお届け出来て良かったです^^

こどもと一緒に往年の名作を。
お父ちゃんも一緒になって夢中になってます。笑

なおテレビとミニファミコンを繋ぐ際、
HDMIケーブルを使うのですが付属のものは短く・・・。

テレビから離れてプレイする際は、
3~5m位のものが必須かと。

そちらも併せて用意しておいた方がいいかもしれません^^;


この記事へのコメント